食物繊維をとりすぎると起きるトラブル

便秘には食物繊維!これは誰でも知っているお話しですね。 でも、どうして食物繊維をとると便秘の解消に良いのでしょうか。 それは食物繊維は、便のカサを増やしたり便を柔らかくする作用があるうえに、 腸を刺激する事で腸の動きを活発にして便を出しやすくしてくれるんです。 だから食物繊維は、便意があるのに便が硬くてスムーズな排便が出来ない人や、 そもそも便意が起こらないなんていう人にも効果的なんですね。

しかし、便秘を解消するために食物繊維をとりすぎると大変な目にあう事もあります。 例えば、食物繊維をとりずきると逆にお腹がはって苦しくなったり、 一方で下痢を引き起こしたりする事があるのです。 さらには、食物繊維のとりすぎると栄養吸収の妨げになるケースさえあるんですよ。

こうした食物繊維のとりすぎで問題となるのは、 水溶性食物繊維ではなくほとんどが不溶性食物繊維となります。 不溶性食物繊維は、ごぼうなどの根菜類やインゲン豆、おからなどの大豆類に多く含まれています。 こうした不溶性食物繊維をとりすぎてしまうと、便のかさが増えてお腹が張ったり、 腸に過剰な刺激を与えて腹痛が起きてしまうのです。

また食物繊維はとても消化に時間がかかる成分なんですね。 そのため空腹感が紛れるなどのメリットもあるのですが、 デメリットとしてとりすぎると消化しきれていない食物繊維が大量に腸に長く居座る事によって 発酵してしまいます。 それがなんとガスを発生させてしまうんです。 このせいでおならが何回も出たり、もしくはガスが腸内で溜まりお腹がはるといった現象が起きます。 そのため、食物繊維の中でも不溶性食物繊維のとりすぎには注意しなければいけませんね。

もちろん不溶性食物繊維だけではなく、 水溶性食物繊維のとりすぎも栄養素の吸収を妨げるなどのデメリットがあります。 便秘の解消に役立つ食物繊維といえども、何事もほどほどにしなくてはいけませんね。 食物繊維を適度にとっても便秘が解消されない場合は、他に便秘の原因が隠されていることがありますよ。 食物繊維をとりすぎる前に、他の対策を行ってみましょう。

このページの先頭へ