食物繊維を取っておならが出やすくなる原因とは

サツマイモを食べるとおならが出やすくなる、というのは昔から漫画で描かれていたり、 ある意味一般的な常識として私たち現代人に認識されていることです。 その具体的な原因は、サツマイモに含まれる不溶性食物繊維が挙げられます。 不溶性食物繊維は、水に溶け辛いという性質があり、胃から腸まで殆ど消化されること無く到達します。

それに、水分を含みやすいという性質もあるために、 不溶性食物繊維は腸にまで来るとお腹の中に溜まります。 そして、おならは腸の中で腐敗した食べ物が出しているガスそのものです。 つまり、不溶性食物繊維はお腹の中に溜まっているために腐敗し易く、 そのためにガスが発生しておならとして体外に排出されるのです。 ですので、サツマイモを食べておならが出やすくなるのは、 サツマイモの不溶性食物繊維がお腹の中でガスを発生させるからと言えるのです。

もちろん、これ以外の不溶性食物繊維が含まれた食品でも同様の効果を得ることができます。 もちろん、ガスが発生し易くなったり、水分を含んでお腹の中を圧迫すると、 排泄するためのサインが体に出やすくなり、お通じが良くなるとも言えます。 ですので、おならが出やすくなるのは比較的良い効果が体の中で現れている証拠なのです。 けれど、中にはおならは出るものの、便秘は全然解消しないということもあるでしょう。 そのような場合は便が硬くなってしまっているからです。

実は不溶性食物繊維だけでは硬くなった便を柔らかくすることができず、 場合によっては便秘を悪化させてしまうこともあるので、おならが出やすくなったからと言って、 便秘が快方に向かっているという訳ではないのです。 もしも、そのようなケースに当たってしまったら、 今度は水分に溶けやすい水溶性食物繊維の含まれた食品を取るようにするといいでしょう。 おならが出るので、腸内の活動は十分に行われているので、後は便を柔らかくすればいいだけです。 そして、その便を柔らかくする効果があるのが、水溶性食物繊維ですので、 海藻類などを食べて積極的に摂取することをおすすめします。

このページの先頭へ